福井県あわら市を拠点とするカヌーポロクラブチームの活動記録

福井県あわら市を拠点とするカヌーポロクラブチーム芦原フェニックスの活動記録
by awaraphoenix
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
メンバー紹介
大会
海外大会
遠征
練習風景
結婚式
懇親会
大会結果
フォトギャラリー
お知らせ
日々
検索
LINK
『あわら市カヌー協会』のホームページ

『カヌーポロチーム@佐倉INVERS』のブログ

『(-。-)y-~やっぱりカヌーが好き!!』のブログ

お知らせ


※ブログに広告が入ることがありますが、A.PHOENIXとは一切関係ございません。
※コメント欄は、A.PHOENIXの都合で閉じることがあります。

以上をご了承ください。
以前の記事
2016年 11月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
第15回アジアカヌーポロ選手権大会(審判編)
潤です。
前回の更新から少し時間が経ってしまいました・・・
ですが、減ってしまった体重は全くもとに戻りません。
先週末の三好納会でも力が入らずへなへなでした。

さてさて、今日はアジア選手権レポートの第2回「審判編」をお送りします。

「現地編」でも少し触れましたが、今回のアジア選手権には
プレイヤー 兼 帯同審判として参加しました。

「日程的にタイトかもしれんけど、まぁ、国内の大会では審判 兼 選手なんて
 当たり前やしね。なんとかなるっしょ。」

なーんていう甘い考えのもと、
こういう参加の仕方をしたわけですがやはり考えは甘かった。

国の威信をかけて、各国必死になって臨むこの大会。
どの試合もシビアな展開で、もっのすごく疲れました。
今後、こんな参加の仕方をする人がいるかどうか分かりませんが、
決してオススメできません・・・

ですが、得るものは大きかった。
審判試験の講師として来られていたオーストラリアのダンカン氏や
台湾の劉さんにはそれなりに認めていただき、
ICFカヌーポロ審判資格C級ライセンスを取得できました。

なんでも、日本では僕が初の取得者だそうです。いえーい。
a0234573_20332035.jpg


以下、僕がインドで感じたことをここに記していきたいと思います。
よろしければ、ご覧あれー。


1、パドルのファールについて
「世界ではそんなにパドルのファールは取られない」

近年、世界大会に参加した人からよく聞きます。
確かに、昨年参加した台湾国際大会で自分も同じようなことを感じました。
日本においては、とりわけ、ゴール下でのディフェンス側の
パドルの扱い方についてかなり辛くジャッジする傾向があります。

今回のアジア選手権で審判をした際、パドルのファールについては
あまり過敏になりすぎないようにしようと試みてはいましたが、
それでも劉さんから「パドルのファールを取りすぎる」と言われました。

日本人みんなが最も気をつけるべき点のようです。

ルールを読み直すとパドルのファールは次のように扱われるとあります。
手の届くところにパドルを差す行為がファールとして扱われる」

ここでの意味は、文字通り「手の届くところ」という意味です。
各自よく考えながらプレーし、審判もしていくべきでしょう。



2、ゴールペナルティーショット(2本)について

パドルのファールはよく取るくせに、2本は全く取らないのが現在の日本式です。

「確実にシュートが決まるような時に、後ろからパドルを出したら2本」
というのがよく言われる解釈ですが、この他にも、
「故意にファールをすることでシュートを防いだとき」、
「シューターを危険に晒すファール」には容赦なく2本が取られていました。

ほぼ確実に点が決まってしまうということからジャッジするのが躊躇われますが、
もっと積極的に出すべきだと思います。



3、カヤックタックルについて

ボール取りの時に相手のカヤック下に潜り込み故意にファールを誘う行為や、
セットオフェンス時にディフェンス側の相手のカヤックの下に潜り込んでファールを誘う行為は、
日本でも最近ファールとして扱われるようになってきました。

この2つの行為に対して、現在日本で主流となっている解釈は、
「とにかく相手のカヤックの下に入り込み、自分の身体やスプレーカバーが
 相手カヤックに接触すればファールとなる」だと思われます。
ですがそれもケースバイケースのようです。

ファールか否か判別する分かりやすい区別の仕方は、
相手が漕いで進んできた結果、カヤック下に潜り込んだ状態となったかどうか」ということ。

つまり、相手が漕いでもいないのに、その相手カヤックの下に潜り、
自分の身体の上に相手カヤックを乗せたとしてもそれはファールではありません。

解釈の修正が必要です。



4、カードについて

カードをあまり出さないのも日本の特徴の一つです。
今回の大会では、チームグリーンがかなり多用されていました。
例えばこんな場面。

①A選手が危険なパドルのファールを犯し、グリーンカード(警告)をもらった。

②B選手(Aと同じチーム)がA選手と同じく危険なパドルのファールを犯した。

③チーム全員が同じファールを繰り返したと見なされ、チームグリーンが出された。
 ⇒この時点でチーム全員にグリーンカード2枚が累積される形になります。
  よってパドルのファールであと1枚グリーンカードが出されればイエローカード(2分間退場)

④C選手(A、Bと同じチーム)がまたパドルのファールを犯し、C選手はイエローカードをもらった。
※以下、どの選手が同じようなパドルのファールを犯したとしても、イエローカードが出されることになります。

では、C選手が2分間退場が経過し、コートに入った後にもう一度、
パドルのファールを犯したらどうなるでしょうか??
正解はC選手にはレッドカード(残り時間出場停止)が出されることになります。

恐らく現在の日本においては、チームグリーンの意味は分かっていても
実際にそのようにジャッジをすることができる人はあまりいないと思いますが
出すべき状況も必ずあると思います。

ダンカン氏もこのように言っていました。

「白熱した試合になってくると、選手のプレーは荒くなってくる。
 審判が下したジャッジを不平に思う選手も当然現れてくる。
 そこで一度タイムアウトをとり、危険なファールを犯した選手に対して
 カードを出してコート内の空気を審判がコントロールすることが大切だ。」

「審判がゲームをコントロールする」
言うは易しで、フィールド内外の雰囲気にどうしても流されがちですが、
やはり審判をする上で心がけるべき最も大切なことの一つです。



5、オブストラクションについて

今回、日本チームの選手が最も気を付けたのが、
6mエリア外でのオブストラクション(進路妨害)ではないでしょうか。

ディフェンス時に、ドライブしてくる相手に艇の先端をぶつけ、
勢いを止める行為は選手なら誰もが行っていることだと思います。

ですが、今大会ではディフェンスの艇の一部でも6mエリア外に出ていれば、
そのような行為はオブストラクションとして扱われていました。

ルール上では、それもファールとなると知っていましたが、
単なる机上のみのものだと自分は解釈していて、
実際、日本では他の審判も全くとっていないファールだったため、
選手としても審判としても戸惑った部分でした。




アジア選手権を通して気付いた大きな点は以上5つです。
忘れていたルールもかなりあって、改めてルールをよく読んで
頭に入れて置くことの大切さを再認識しました。
皆さんも一度、ICFルールを読んでみましょう。
そんなに難しい英語ではないですし、勉強になると思いますよ!

http://www.canoeicf.com/icf/AboutICF/Rules-and-Statutes.htmlt

次はいよいよ「試合編」!
また近いうちにアップしますね!!
[PR]
by awaraphoenix | 2013-11-19 12:59 | 海外大会
<< 福井納会 第15回アジアカヌーポロ選手権... >>