福井県あわら市を拠点とするカヌーポロクラブチームの活動記録

福井県あわら市を拠点とするカヌーポロクラブチーム芦原フェニックスの活動記録
by awaraphoenix
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
メンバー紹介
大会
海外大会
遠征
練習風景
結婚式
懇親会
大会結果
フォトギャラリー
お知らせ
日々
検索
LINK
『あわら市カヌー協会』のホームページ

『カヌーポロチーム@佐倉INVERS』のブログ

『(-。-)y-~やっぱりカヌーが好き!!』のブログ

お知らせ


※ブログに広告が入ることがありますが、A.PHOENIXとは一切関係ございません。
※コメント欄は、A.PHOENIXの都合で閉じることがあります。

以上をご了承ください。
以前の記事
2016年 11月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:海外大会( 17 )
台湾国際大会2015(番外編)
皆さん、おはようございます。
今週末は3年後の福井国体のため愛媛県は大洲市に
スプリント種目の研修に来ている潤です。
さすがに家空けすぎやー^_^;

さてさて、前回は固く纏めてしまいましたが、
今回はゆるーく台湾大会のオフタイムのことについて話したいと思います。

まずは初日の11月20日。
小松発の便は目ん球が飛び出るほど高かったため、
否応なしにセントレア発の便にせざるを得なかった僕。
高速バスで午前中に福井を発ち、午後1時過ぎにセントレア空港に到着しました。
a0234573_23343941.jpg


柴田夫婦と同じ便でした。
a0234573_05293671.jpg


飛行機内では、来るべき戦いのため練習しようと、
One more beer?ってすっちーさんに言ったものの忙しかったみたいでそのまま出てこず。
消化不良のまま台湾国際空港に到着します。

ターパオ先輩が待っていてくれました。
「先輩が迎えてくれるなんて、なんてVIPな対応なんだ?!」と柴田選手が言ってました。

40分の道中を経て宿に到着。
今年もおなじみの貴族ホテルです。
a0234573_23374958.jpg


柴田夫婦は荷物を置きにいったん部屋へ向かいましたが、
僕は機内からのフラストレーションを解消すべく近くのコンビニへlet's go!
あまりに急ぎ過ぎたため手を滑らして一本を地面に叩きつけてしまった(笑)
a0234573_23391119.jpg


そんなこんなしてるうちに、先発隊の関東組がホテルに帰ってきて合流。
a0234573_04581174.jpg



士林夜市に向かいます。
a0234573_05033456.jpg


そこでたらふく海鮮を食らい、夜店へ繰り出しました!
a0234573_05053923.jpg

a0234573_05044775.jpg

a0234573_05070540.jpg

a0234573_05103408.jpg



射的やら輪投げやらをしたのですが、最初に店員に言われたノルマを達成しそうになったら
「やっぱりこの列も!」って言われ「こんなんじゃ賞品とるの永久に無理^_^;」って
全員で突っ込みました(笑)
a0234573_05114498.jpg

a0234573_05125239.jpg


柳もこんな顔 ヒイィィ(゜ロ゜;三;゜ロ゜)ヒイィィ
a0234573_05152047.jpg

最後に美味しいタピオカジュースを飲んで宿まで帰ってきました。
a0234573_05180010.jpg

a0234573_05333056.jpg



そして翌日の11月21日。
この宿の飯は本当に美味い!ルーロー飯は絶品です!
a0234573_05342180.jpg

a0234573_05350312.jpg


みんなで朝食を食べた後、歩いて会場まで向かいます。
a0234573_05361174.jpg


会場は大学の地下にあるプールです。
a0234573_05372197.jpg
a0234573_05382567.jpg



別に来ていた生田さん夫妻とも合流しました。
a0234573_05402528.jpg


この日の試合は午後から1試合のみだったのですぐさま観光に向かいます。
前々から行ってみたかった故宮博物館。
a0234573_05414281.jpg


ここの近くの庭園を散策。池の鯉の数がすごかった(笑)
a0234573_05433577.jpg

a0234573_05444810.jpg

a0234573_05461433.jpg



そして会場近くに戻り、近くのレストランで昼食。
a0234573_05480511.jpg

なんで台湾ってこんなになんでもかんでも美味いんだろう。。。
a0234573_05470861.jpg

a0234573_05492024.jpg



試合は快勝!
試合後にこれまたずっと前から行きたかった海老釣りの店へ。
a0234573_05501933.jpg

a0234573_05513989.jpg


餌はこんな感じ。
a0234573_05533793.jpg


なかなか釣るのが難しい!
店員のおばちゃんのアドバイスのおかげで初海老ゲット!
a0234573_05543248.jpg


釣れた海老は店内で美味しくいただけます。
a0234573_05554194.jpg
a0234573_05573166.jpg

a0234573_05563838.jpg



ここで中国から保谷さんも合流。
台湾の皆さまとの夜の試合へ。
会場は数年前にも来たことのある海鮮料理屋です。
a0234573_05582208.jpg

a0234573_05590913.jpg


毎度のことですが、台湾の先輩方におもてなしいただけることは本当に幸せなことです。

生田さんの「柳は今年の日本選手権のMVPなんだよ!」の紹介で、柳はカンペイを大量被弾!
早々にダウンしてました。
a0234573_05594812.jpg

…一番の敵は味方だったな、柳(笑)

カツは奥さんに「こんなに飲んでるの見るの初めて!」と言われ、
僕も天下の劉さんから「潤はこれ!」と瓶を渡され玉砕。。。
日本軍壊滅状態で宿に帰りました。


滞在3日目の11月22日。
起きた瞬間、頭が痛い痛い。。
朝食は全く食べれず、バナナとウィダーインゼリーをかっこんで会場に向かいました。

この日の試合は3試合。
試合間が微妙に空いていたのでその隙に奥さまへのお土産を買いに台北101の近くへ。
これがまたなかなか遠い。。
タクシーで30分ほどかかってようやく着きました。
a0234573_06005540.jpg

ハンドメイドの傘が売っているお洒落雑貨屋さんです。
a0234573_06021237.jpg

すぐさまお土産を買ってタクシーに飛び乗り会場へ!
あっぶねー、遅刻寸前でした(笑)
カツ、付き合ってくれてありがとね(;^_^A

試合はなんとか勝利!
前の日の宿がこの日は満室だったため一泊だけチェンジ。
a0234573_06025303.jpg

なんかグレードが上がってました。
ただ空気洗浄機の注意書きがぶっきらぼう(笑)
a0234573_06063148.jpg


おっ、良い浴槽じゃん。
a0234573_06032701.jpg

ってことで、
a0234573_06034406.jpg

やっちゃいました。人間唐揚げセットの出来あがり(笑)
お食事中の方ごめんなさいm(__)m

チーム力が上がったところでホテル近くの料理屋さんで夕食。
a0234573_06043951.jpg
a0234573_06053826.jpg

これがまた美味いんだなぁ。
ぴーちょが進む進む!


この日はアーフーの誕生日だったので会場を変え、皆で彼を囲みました!
a0234573_06071807.jpg


ショッ!ショッ!ショッ!ショショ!エビバーディ!
a0234573_06075734.jpg

ウォッカだかをショットでカンペイ。
はい、これまたまた完全にやっつけられました(笑)
…てか今年の佐倉、夜の弾幕薄すぎ(笑)

大会最終日の11月23日。
いよいよ決勝トーナメントが始まります。
朝、会場で生田さんの目を見て騒然!
完全に利いちゃってました!写真がないのが残念(笑)
プールに浸かり酔いを覚まして臨んだ準決勝のCPS戦。
こちらも快勝!いよいよ決勝戦進出です!

決勝戦は6時間後。
ということで陽明山温泉に行ってきました!
露天風呂がある日帰り温泉施設です。
a0234573_06093558.jpg

a0234573_06104516.jpg

温泉が気持ちよすぎて超長風呂してしまった(笑)

施設内で昼食も食べられます。
小籠包とカエルのお粥が絶品でした!
a0234573_06114259.jpg

a0234573_06123425.jpg

a0234573_06133246.jpg



帰り際に問題発生!
受付の人に「1人400元分を使い切るまで帰っちゃダメよ」って言われました。

…??

入館するときに払った400元。
あれを払うと館内で400元分飲み食い放題。
でもそれだけ飲み食いできなけりゃ帰れない。

なんじゃそりゃ??

「もう満腹なんで要らないよー」って言っても帰してくれず、
仕方なく瓶ビールをしこたま頂くことに。
それで終わらず「料金とは別にサービス料払ってね」って言われ、
「じゃ、その分のビール返すよ!」って言っても聞き入れてもらえず(笑)
よくシステムが分からないまま会場に帰ってきました(笑)

完全に酒が抜けて臨んだ決勝戦も快勝!
よく遊び、よく飲み、完全優勝できました!

この日の夜は、劉さんがオススメの高級レストランでご馳走してくださいました。
a0234573_06142078.jpg

a0234573_06151309.jpg

a0234573_06155561.jpg

a0234573_06165099.jpg

a0234573_06173396.jpg

超絶品台湾料理に全員感動でした!
あと、店員さんが綾瀬はるかに激似!
a0234573_06181343.jpg


最後に全員で一枚。
a0234573_06183257.jpg


劉さん、本当にご馳走様でした!!
それから翌日も空港まで送っていただきありがとうございました!!

これだけおもてなし頂けるのも、今まで先輩方が台湾の皆さんと築いてこられた関係のおかげですね。
感謝してもしきれない思いでいっぱいです。

以上、潤でした!
[PR]
by awaraphoenix | 2015-11-28 07:50 | 海外大会
台湾国際大会2015
皆さんどうも。
三度の飯よりパスミスが好きな潤です。

香港で開催されたアジア選手権から約1ヶ月。
11月20~22日に台湾で開催された台湾国際大会に参加してきました。
この大会はアジアクラブチーム選手権として台湾主催で毎年開催されていて、
日本からもほぼ毎年「佐倉インヴァース」が参加しています。

自分もこの大会には今回を含めて過去5回参加していて、昨年は見事優勝をかざりました。
佐倉がこの大会で優勝したのは、2005年、2009年、2011年、2014年の計4回ですが、
今まで一度も連覇したことはなく今回は初連覇を目標に参加してきました。

そのメンバーはというと…

No.1柴田勝之
No.2柳尭比古
No.3生田剛志
No.4高橋潤
No.5木村亮太
No.6井川崇志
No.8保谷健太


2015年
a0234573_18034671.jpg

2014年
a0234573_18032354.jpg

Oh!!
アントンがカツに変わっただけやー!

さてさて各試合の解説を簡単に。

(予選リーグ)
VS 台北海院 4対2 勝ち
(木村3点、柴田1点)
アーフェイ、アーフー、トンヤン、ジェンマオのベテラン勢+大学生という構成。
さすがベテランでテクニックはかなりのものでしたが、ゴール下からのカツのアンダースローシュート、
亮太の技ありシュートは防ぎきれずこちらに軍配が上がりました!
この試合で僕のちゃんぴん(チャンスをピンチに変える味方を絶望させる技)炸裂(笑)
亮太へのインサイドパスがズレて、立て続けに敵にパスしてしまい、
生田さんから「三度の飯よりパスミスが好き」の称号を頂戴しました(x_x)


VS 中大校友 9対5 勝ち
(木村4点、柴田2点、生田1点、高橋1点、井川1点)
昨年も対戦したこのチーム。
前回当たった時は相手の強烈なオフェンスの圧により、
柳と僕はキーパーの真横まで潰されてしまったのを鮮明に覚えています。
ですが今回はそうはならなかった!
速攻やインサイド、ミドルからの伝家の宝刀「和の心(ヘロ)」など多彩な攻めで圧勝しました!


VS Hooksport Taiwan 9対1 勝ち
(木村3点、生田1点、保谷1点、高橋1点、柴田1点、柳1点、井川1点)
全員得点に成功!…くらいしか覚えてない(笑)
リラックスして試合に臨み、速攻のオンパレードでした。


VS 萬能科技大学 8対5 勝ち
(柴田3点、木村3点、保谷1点、高橋1点)
台湾のエース、ガネのチーム。
その他今年の台湾代表の二番や今年のあわらカップにも来てくれたアンダもいて、
最も予選で警戒していたチームでした。
失点全てがガネにやられてしまいましたが、なんとか封じることに成功。

これにより予選リーグ全勝の1位上がりで決勝トーナメントに進出!


(準決勝)
VS CPS 9対7 勝ち
(木村3点、柳3点、高橋1点、柴田1点、井川1点)
ターパオ、アーシェン、ロン、香港のケビン、オーストラリア留学中のルイ、中国チーム2人という構成でした。
アーシェン先輩大爆発!
試合中はずっとアーシェンの得点とこちらの得点のシーソーゲームでした。
ディフェンスラインを高めにして早めにカットできるようにしてましたが全然止まらない。。。
でも、最後の最後に駄目押しの亮太の速攻を食らわせ逃げ切りました!


(決勝)
VS 台北市立大学 6対3 勝ち
(柴田2点、井川2点、木村1点、保谷1点)
前々回はドイツ人を助っ人に入れて決勝戦で惜敗、昨年も決勝戦で当たった大学生チーム。
先日のアジア選手権に出ていた台湾U21メンバーのほとんどがこのチームから輩出されています。
でも、今大会で最も噛み合い圧勝できました!
特に試合前に生田さんに渇を入れられた井川が活躍!バリ漕ぎして2得点してました!
あとゴール前でキーパーと1対1になった保谷さん。
保谷さんのあまりの徳の高さに恐れをなしてかキーパー自らが水没、そのままチェストで決めたのには笑っちゃいました。

そして優勝!/10チーム
いやー、今年の佐倉は強かった!!


先月のアジア選手権では日本が久しぶりに優勝でき、人生で一番嬉し泣きしましたが、
本当の本当の本当の心の中では、自分はあまり活躍できず、ちょっとだけモヤモヤしていました。

そんな中で迎えたこの大会。
今度こそはチームのために貢献して活躍してやるっ!と心に誓いました。
そして見事佐倉インヴァース優勝。
もちろん今回の大会でまた新たな自分の課題が見つかりましたが
現段階でのカヌーポロ人生の中で最高の形でチームに貢献することができたと自負しています。
何よりも試合中に全く負ける気がしなかったし、楽しくて仕方がなかった。

大会が終わって1人で福井へ帰る間、いろんなことが思い出されました。


日本代表になることを夢見た高校時代。

がむしゃらだったけど全く開花しなかった大学時代。

やっと日本代表に選抜されるもまだまだ下手くそな自分に諦めてしまった5年前。

生田さんのお誘いで参加した台湾国際大会で奮起し、カヌーポロ熱が再燃した3年前。

アジア選手権で初優勝できた先月。

そして今回の台湾国際大会での優勝。


本当に少しずつ少しずつではあったけど、
やっとここまで来れたという思いで溢れています。
カヌーポロ歴20年、今年30歳になる自分ですが、
2015年は、まだまだ成長できるんだと感じることができた年でした。

何があっても挫けちゃダメ。
何があっても諦めちゃダメ。

辞めたら本当にそれで終わってしまうし、
これから広がる無限の可能性を自分から潰すことになってしまう。

がむしゃらに、ちょっと頭を使えば、
時間はかかるかもしれないけど
夢は決して裏切らないから。

今、カヌーポロをしながら悩んでいる皆にはそれを伝えたいです。

最後に、自分にもう一度夢を目指すことを教えてくれた生田さん。
本当にありがとうございました。

今度は自分のチームの芦原フェニックスで、日本制覇、アジア制覇する夢を叶えるその日まで
大将と芦原の皆と一緒に漕ぎ続けていこうと思います。
[PR]
by awaraphoenix | 2015-11-26 19:07 | 海外大会
アジア選手権

妹の誕生日がもうすぐに迫っていて、焦っているあやかです。
どうしようどうしよう。


それはさておき、今回は先月のアジア選手権の報告です!
現地でブログを更新しようと思いましたが、宿に帰るとぐったりでできませんでした、すみません…
香港の試合内容はFacebookでかなり出回っているので、番外編みたいな感じで書かせてもらいます(^^)

まず、応援して下さった皆さま、ありがとうございました。
そして、香港に行った皆さま、お疲れさまでした。


16th Asian Canoe Polo Championships 2015 Hong Kong
23rd-25th October, 2015

第16回アジアカヌーポロ選手権大会 2015 香港
2015年10月23-25日

前回のブログでスケジュールを掲載しましたが、全くあれ通りにいきませんでした。
練習がなかったのです??
ふねに乗ったのは試合の2日間だけでした。
それ以外何をしてたかって、簡潔にいうと   食う歩く寝る   です。
運動不足!!
女子選手は口をそろえて「香港に来て太った」と嘆いておりました。(ノ∀`)アチャー

久しぶりに乗れるかと思えば、それは試合直前のアップのみです。
しかも敵チームもいるため、10m×10mくらいの範囲でした。
かろうじてサザンクロスができました。
奥の小さいコートがアップコートです。
a0234573_20202324.jpg


こちらが、試合用のコートです。
a0234573_20192165.jpg

21日 朝から会場のプールで一般客が泳いでいる。本当に練習できるのか?不信感。
22日 予感は的中。今日も悠々と泳いでいるぜ。
23日 大会初日だし、いないはず・・・と思いきや、甘かった。泳いでるーーーーー(゚∀゚ノ)ノ
試合開始の30分前にようやく一般客が撤退しました。
以降、毎日いました。


大会でのご飯はいまいちでした。
朝はサンドイッチ。
3種類あり、それぞれ、ハム1枚、ベーコン1枚、(大将いわく)ネコ缶。
エネルギーもやる気も出ません。
a0234573_20373878.jpg

昼の弁当はよくわからん味。
弁当の2/3がぱさぱさごはんあることは確かでした。しかも、絶対茹でキャベツがのってる。


大将と潤さん。
a0234573_2039129.jpg

わっはっは~
和む~


試合の様子です。
a0234573_20473619.jpg

a0234573_2048537.jpg

a0234573_20482812.jpg

a0234573_20491925.jpg

a0234573_20495013.jpg

a0234573_21102243.jpg

a0234573_2053335.jpg

a0234573_2185052.jpg


各カテゴリーの集合写真です。
シニア男子
a0234573_21124398.jpg

シニア女子
a0234573_21132087.jpg

U21男子
a0234573_21135068.jpg


[結果]
男子シニア 優勝
女子シニア 4位
U21男子  3位
おめでとうございます✨

シニア男子で、大将ナイスディフェンス、潤さんナイスダッシュ
U21男子で、谷口くんナイシュー、龍介くんナイスキーパーでした。
メンバーの活躍を見るのはやっぱり嬉しいです!

それにしても、シニア優勝はほんとにすごかった。
a0234573_2127119.jpg

a0234573_21275826.jpg

再び大将と潤さん!
Big Smile!Oh Yeah!


あんな感動する場面に立ち会えたこと、心から嬉しく思います。
準決勝から激戦で、日本はそれを戦い抜きました。
芦原フェニックスの選手の活躍に何というか、魂がふるえるような感覚になりました。
長年にわたり積み重ねた鍛錬の成果で、それが私の目前で実ったのです。
フェニックスに入って間もない私ですが、それでも毎週一緒に練習をして、その努力は見ていました。


かっこよかった。


私がしたわけではないけど、勝手に誇らしい気分になっています~(〃∇〃)
あやかも頑張ろう~

最後に、お気に入りの1枚を。
a0234573_2227191.jpg


長文、読んでいただきありがとうございました。
あやかでした。
[PR]
by awaraphoenix | 2015-11-02 22:52 | 海外大会
アジア選手権大会(香港)

最近黒くなったねと言われるようになりました 、あやかです。
秋が深まったことに油断して、日焼け止めを塗らなくなりました。
完全になめてたらえらいこっちゃです💔


さて私は今、香港にいます!
10/23~25でのアジア選手権(香港)に出るため現地入りしました。

〈大会スケジュール〉
21.22 練習、検艇
23 アンダー予選リーグ
24 シニア予選リーグ
25 決勝トーナメント

フェニックスからは以下のメンバーが参加します。
シニア男子:大将、潤さん
シニア女子:あやか
アンダー男子:谷口くん、龍介くん

潤さんがFacebookで情報を発信してくれるみたいなので、是非チェックして下さい。
(余裕があれば)こちらのブログも随時更新していきます。

a0234573_20113988.jpg

a0234573_20124643.jpg


今回のアジア選手権は参加チームが多く、非常に楽しみです(^o^)
皆様、応援よろしくお願いします‼

[PR]
by awaraphoenix | 2015-10-20 20:09 | 海外大会
第15回アジアカヌーポロ選手権大会(審判編)
潤です。
前回の更新から少し時間が経ってしまいました・・・
ですが、減ってしまった体重は全くもとに戻りません。
先週末の三好納会でも力が入らずへなへなでした。

さてさて、今日はアジア選手権レポートの第2回「審判編」をお送りします。

「現地編」でも少し触れましたが、今回のアジア選手権には
プレイヤー 兼 帯同審判として参加しました。

「日程的にタイトかもしれんけど、まぁ、国内の大会では審判 兼 選手なんて
 当たり前やしね。なんとかなるっしょ。」

なーんていう甘い考えのもと、
こういう参加の仕方をしたわけですがやはり考えは甘かった。

国の威信をかけて、各国必死になって臨むこの大会。
どの試合もシビアな展開で、もっのすごく疲れました。
今後、こんな参加の仕方をする人がいるかどうか分かりませんが、
決してオススメできません・・・

ですが、得るものは大きかった。
審判試験の講師として来られていたオーストラリアのダンカン氏や
台湾の劉さんにはそれなりに認めていただき、
ICFカヌーポロ審判資格C級ライセンスを取得できました。

なんでも、日本では僕が初の取得者だそうです。いえーい。
a0234573_20332035.jpg


以下、僕がインドで感じたことをここに記していきたいと思います。
よろしければ、ご覧あれー。


1、パドルのファールについて
「世界ではそんなにパドルのファールは取られない」

近年、世界大会に参加した人からよく聞きます。
確かに、昨年参加した台湾国際大会で自分も同じようなことを感じました。
日本においては、とりわけ、ゴール下でのディフェンス側の
パドルの扱い方についてかなり辛くジャッジする傾向があります。

今回のアジア選手権で審判をした際、パドルのファールについては
あまり過敏になりすぎないようにしようと試みてはいましたが、
それでも劉さんから「パドルのファールを取りすぎる」と言われました。

日本人みんなが最も気をつけるべき点のようです。

ルールを読み直すとパドルのファールは次のように扱われるとあります。
手の届くところにパドルを差す行為がファールとして扱われる」

ここでの意味は、文字通り「手の届くところ」という意味です。
各自よく考えながらプレーし、審判もしていくべきでしょう。



2、ゴールペナルティーショット(2本)について

パドルのファールはよく取るくせに、2本は全く取らないのが現在の日本式です。

「確実にシュートが決まるような時に、後ろからパドルを出したら2本」
というのがよく言われる解釈ですが、この他にも、
「故意にファールをすることでシュートを防いだとき」、
「シューターを危険に晒すファール」には容赦なく2本が取られていました。

ほぼ確実に点が決まってしまうということからジャッジするのが躊躇われますが、
もっと積極的に出すべきだと思います。



3、カヤックタックルについて

ボール取りの時に相手のカヤック下に潜り込み故意にファールを誘う行為や、
セットオフェンス時にディフェンス側の相手のカヤックの下に潜り込んでファールを誘う行為は、
日本でも最近ファールとして扱われるようになってきました。

この2つの行為に対して、現在日本で主流となっている解釈は、
「とにかく相手のカヤックの下に入り込み、自分の身体やスプレーカバーが
 相手カヤックに接触すればファールとなる」だと思われます。
ですがそれもケースバイケースのようです。

ファールか否か判別する分かりやすい区別の仕方は、
相手が漕いで進んできた結果、カヤック下に潜り込んだ状態となったかどうか」ということ。

つまり、相手が漕いでもいないのに、その相手カヤックの下に潜り、
自分の身体の上に相手カヤックを乗せたとしてもそれはファールではありません。

解釈の修正が必要です。



4、カードについて

カードをあまり出さないのも日本の特徴の一つです。
今回の大会では、チームグリーンがかなり多用されていました。
例えばこんな場面。

①A選手が危険なパドルのファールを犯し、グリーンカード(警告)をもらった。

②B選手(Aと同じチーム)がA選手と同じく危険なパドルのファールを犯した。

③チーム全員が同じファールを繰り返したと見なされ、チームグリーンが出された。
 ⇒この時点でチーム全員にグリーンカード2枚が累積される形になります。
  よってパドルのファールであと1枚グリーンカードが出されればイエローカード(2分間退場)

④C選手(A、Bと同じチーム)がまたパドルのファールを犯し、C選手はイエローカードをもらった。
※以下、どの選手が同じようなパドルのファールを犯したとしても、イエローカードが出されることになります。

では、C選手が2分間退場が経過し、コートに入った後にもう一度、
パドルのファールを犯したらどうなるでしょうか??
正解はC選手にはレッドカード(残り時間出場停止)が出されることになります。

恐らく現在の日本においては、チームグリーンの意味は分かっていても
実際にそのようにジャッジをすることができる人はあまりいないと思いますが
出すべき状況も必ずあると思います。

ダンカン氏もこのように言っていました。

「白熱した試合になってくると、選手のプレーは荒くなってくる。
 審判が下したジャッジを不平に思う選手も当然現れてくる。
 そこで一度タイムアウトをとり、危険なファールを犯した選手に対して
 カードを出してコート内の空気を審判がコントロールすることが大切だ。」

「審判がゲームをコントロールする」
言うは易しで、フィールド内外の雰囲気にどうしても流されがちですが、
やはり審判をする上で心がけるべき最も大切なことの一つです。



5、オブストラクションについて

今回、日本チームの選手が最も気を付けたのが、
6mエリア外でのオブストラクション(進路妨害)ではないでしょうか。

ディフェンス時に、ドライブしてくる相手に艇の先端をぶつけ、
勢いを止める行為は選手なら誰もが行っていることだと思います。

ですが、今大会ではディフェンスの艇の一部でも6mエリア外に出ていれば、
そのような行為はオブストラクションとして扱われていました。

ルール上では、それもファールとなると知っていましたが、
単なる机上のみのものだと自分は解釈していて、
実際、日本では他の審判も全くとっていないファールだったため、
選手としても審判としても戸惑った部分でした。




アジア選手権を通して気付いた大きな点は以上5つです。
忘れていたルールもかなりあって、改めてルールをよく読んで
頭に入れて置くことの大切さを再認識しました。
皆さんも一度、ICFルールを読んでみましょう。
そんなに難しい英語ではないですし、勉強になると思いますよ!

http://www.canoeicf.com/icf/AboutICF/Rules-and-Statutes.htmlt

次はいよいよ「試合編」!
また近いうちにアップしますね!!
[PR]
by awaraphoenix | 2013-11-19 12:59 | 海外大会
第15回アジアカヌーポロ選手権大会(現地編)
みなさんこんにちは、高橋ゲイリー潤です。
自分が書く投稿としては久々の更新となりますね。
ミドルネームの由来は・・・後で分かるはずです(笑)

さて、10月17日~20日にインド・ニューデリーで開催された
第15回アジアカヌーポロ選手権大会に芦原フェニックスからは
男子シニア代表として上木・高橋が、U-21代表として坪田、木村が参加してきました。

僕の視点から①現地編、②審判編、③試合編の3回シリーズで
今大会について振り返ってみたいと思います。

まずは早速、現地編から・・・といきたいところですが、
その前にプロローグから。


インドへの渡航は、千葉県の成田空港から出発することになっていて、
カヌーを持参しなければいけない僕らは、当然車で空港まで向かいました。

ですが、台風26号の影響で千葉県成田市はどの道路も冠水!
空港への道路が高速も含めてどれも寸断、電車も土砂崩れで線路が崩壊し、
完全に交通網がマヒ状態にありました。

こんな状態なんですよ!(ネットから拾ってきました)
a0234573_814782.jpg


自分も行きの道中、氾濫した川が溢れ出てきている道を通りました。
道の両脇には流された車が転がっている・・・怖っ!
インディージョーンズのテーマが流れてきたら、
「嫌がらせかっ!」って間違いなく突っ込んだでしょう。

一緒に同乗していた長利監督が「・・・もう行かずして終わったな」と嘆き、
99.999999999999999%飛行機には間に合わないと
同乗したみんなが諦めかけた時から渾身の巻き返し!

迂回しまくってひょっこり出てきたところが東関東道の富里IC!
ちょうど高速の通行止めが解除された所だったので飛び乗りました!
そして空港へなんとか到着。
その他のメンバーも全員ギッリギリでチェックインに間に合うことができました。

さすがカヌーポロ選手、過去十数年の間、
幾多の試練をかいくぐってきたしぶとさがここで生きてきましたね(笑)


そんなこんなで、えらい幕開けをきった今遠征。

9時間のフライトを経て、インドのデリー空港に到着しました。
秋の気配が感じられてきた日本とはうって変わって暑い!
そして、銃を構えた警備員が睨んでるー><。
仲間の荷物を外に運ぶのを手伝おうと、空港の中にもう一度入ろうとしたら、
”Hey!!”って言われ、危うく撃ち殺されるところでした(;´Д`)

空港の外では現地アテンドの別宮義之さんが待っていてくださいました。
元佐倉インヴァース所属で、学生時代にかなりお世話になった方です。
3年前からインドに出張中ということで現地アテンドをしてくださることになりました。

別宮さんと久しぶりの握手を交わし、迎えのバスへ乗り込みました。
道中は高速を使ったのですが、高速の中央分離帯に住んでいる人がいたり、
そこらじゅうにゴミが散乱していたり、空気が霞んでいたりと、
日本でいう「首都」のイメージとはかけ離れている光景に圧倒されました。

そしてバスに揺られること1時間弱。ホテルに着きました。
同室は上木大将。
出国前から懸念されていた吐き下しに不安を覚えながらその日は就寝。



翌日、眠い目を擦りながらホテルの朝食を食べました。
a0234573_19181313.jpg

食事後にバスに乗って会場に向かいます。
a0234573_1949916.jpg

バスの車内です。何か気づきませんか?
a0234573_19514670.jpg

ガラスの代わりにビニールが貼ってあるーヽ(;▽;)ノ
もとからこういう仕様ではないのですが、事故ったか何かで即席で貼り付けた模様(笑)
台湾でも感じましたが、アジア圏の交通事情は本当にすごいですね。
特にインドのそれは、台湾をはるかに凌駕しているように感じます。
車線は一応あるんだけど、守ってるんだかないんだか分からない。
突然車線変更なんて当たり前だし、車同士のかなり狭い隙間を原チャリがすり抜けていく。
バスに乗っているだけでしたが、かなりヒヤヒヤものでしたよ(´;ω;`)
常にクラクションは鳴り続けていて、「危険だよ!」っていう意味ではなく、
「自分はここにいるから気を付けやー」って意味で鳴らしているように感じました。

道中です。
まさにインド!っていう建物が建っていたり、大きい大仏みたいなのがいきなり現れたり。
a0234573_2021580.jpg

a0234573_2032318.jpg

a0234573_205385.jpg

路上に野生の牛がいました!しかもたくさん!!
インドでは神様の使い・・・でしたっけ?
a0234573_2062243.jpg

あとは、前日の空港からの道中では、暗さで感じ切れなかった部分が見て取れました。
路肩に住んでいる人のあまりの多さです。
貧困のためそこに住んでいるっていうわけではなく、
制度や宗教の身分上の違いによって最初からそこに住んでいる様子。
とはいえ、まだ2~3歳の子供が裸同然で、
車がびゅんびゅん行き交うすぐそばで寝転んでいるのを見ると胸が痛くなりました。
a0234573_208473.jpg



会場に着くと他国チームもわさわさと集まり始め、
届いたカヌーを会場まで一緒に室内へ運び入れます。
a0234573_19252492.jpg

a0234573_19291348.jpg

a0234573_19261928.jpg


会場の室内プール。
a0234573_19312475.jpg

a0234573_19325352.jpg


駿河台大学の亮太とこっちゃんのお母さんも応援に駆けつけてくれました。
a0234573_20232554.jpg


プールに入って綺麗な施設やなぁ、と感じた次の瞬間不思議な光景を目にしました。

ぱたぱたぱた~。

羽音を響かせながら飛び回るハト達。

・・・ハト??

はい、ここは室内プールです。室内です、室内。
なぜにこんなところに??と目を丸くしましたがよく見ると、
天井のそこらあたしに通気口がぽっかり空いていて、
なるほど、そこから入り込んでくるようです。

そのためプールサイドや観客席には糞がポタポタと落ちていて、
日本ではちょっと考えられない光景です。

僕の足にも引っ掛けられました(笑)
まぁ、ウン(運)が付いたという笑いと験を担いだということで
美味しい思いができました(ピース)
a0234573_19431732.jpg



開会式ではインドの民族舞踊が披露され、
各国の入場行進も行われました。
a0234573_1947241.jpg


そしていよいよ試合!・・・となりますが、試合の詳しい様子は「試合編」にて報告します!!


時間はすっ飛ぶことになりますが、大会最終日。
試合が全て終わって疲れ果て、インド料理もさすがに食べ飽きてきた僕たちでしたが、
別宮さんから最高のプレゼントをいただきました!
a0234573_20291477.jpg

そう!!!!日本料理です!!!!!!
てんぷら、鯖の塩焼き、とんこつラーメン、鳥の唐揚げ・・・
どれも日本で食べる味となんら遜色ない最高のクオリティーでした。
全員が口を揃えて「美味い!!日本最高!!」と何回叫んだことでしょう!!!
a0234573_20303645.jpg


ですが、ちょうど店を出る瞬間。

ぎゅりゅりゅりゅ~ お腹から不穏な音が・・・

緊張の糸がふっと緩んだこの瞬間、お腹も緩みだしたようですヽ(;▽;)ノ
そこから熱と下痢との戦いが始まりました。

翌日の観光もほとんど楽しめずバスの中でウンウン唸っていた超だっせー末路に、
情けなさが込み上げてきましたとさ。
観光序盤だけ必死に食いついていった時の写真をアップします(笑)
a0234573_20431623.jpg

a0234573_20444525.jpg

a0234573_204654.jpg


帰国してからも腹痛と下痢との戦いで、体重が3キロも落ちてしまいましたΣ(゚д゚lll)
2週間程経った今、やっと普通の食事ができるようになったところです。
でもまだ体重は戻らず・・・トレーニングやり直さねば!!!

でもまぁ、こういう形で異国情緒を味わえたのも良い経験です。
こんな経験できるのもカヌーポロならでは。
思い出深い海外遠征でした。



さーてさて、次のお題は「審判編」です。
帯同審判員として選手兼務で参加した今大会。
審判としての観点から、現在の審判・カヌーポロルール事情について報告します。
遊び要素一切なしの真面目なお話になりますが、
国内のカヌーポロ関係者の皆様、ぜひ読んでくださいね!

ではでは。
[PR]
by awaraphoenix | 2013-11-04 21:00 | 海外大会
台湾国際大会2012オフショット
潤です。

お待たせしました!
台湾国際大会のオフショットを紹介します。

10月25日昼、僕と大将はセントレア空港へ到着しました。
2年ぶりの海外大会に胸躍らせてチェックインして
すぐさま大将と乾杯!
a0234573_231149.jpg


3時間のフライトを経て、台湾桃園空港に到着し関東組と合流。
そして、宇宙一美味い小龍包屋さん「鼎泰豊」にてディナー!
a0234573_2333443.jpg

小龍包&海老シュウマイ&台湾ピーチョを堪能しました。
a0234573_2373462.jpg

a0234573_2383271.jpg



そして翌朝。一路、重たいまぶたを擦りながら会場へ向かいます。
a0234573_2310832.jpg

ホテルから会場までは徒歩10分ほどでしたが、
途中にあった野球場前で巨大バッドのモニュメントを発見!
a0234573_23135039.jpg

・・・大将、ステキです笑
そんなこんなしてるうちに会場へ到着。とても綺麗なプールです。
a0234573_23153917.jpg


この日の試合は2試合。
試合の合間にタクシーに飛び乗りLet's観光!
a0234573_23191710.jpg

まずは昼食!麺、飯、全てが美味すぎます!
a0234573_2321118.jpg

そして足つぼマッサージへ行きました。
これがまた死ぬほど痛い・・・
「ここが痛いと、どこが悪いんですか?」と聞くと、
「頭ダヨー」とマッサージ師の人。
・・・やっぱりかー笑
a0234573_2325191.jpg

ほぐれた身体で台湾チームを撃破し快勝!
試合後に台湾レジェンド劉さん&ドイツ人ヤコブ&台湾のスーパー大学生とパシャリ。
a0234573_23272761.jpg


そして台湾料理屋に場所を変えて夜の部に!
この日は台湾レジェンドチーム「CPS」のメンバーの他、
ヤコブ、香港のケビン、劉さん、台湾高校生チームのコーチのトワネイが揃い、
すごいメンバーとなりました!
a0234573_2329858.jpg

a0234573_23295818.jpg

アジアNo1シューターのアーシェンとヤコブ。
a0234573_23304540.jpg

台湾の珍料理「臭豆腐」。・・・匂いがシャレんなってない。
a0234573_233397.jpg

次々と潰れて行く日の丸特攻隊を支えてくれたのは鈴木さんでした!
a0234573_2336035.jpg

自分もこの日は乾杯攻撃を完全被弾し、轟沈・・・。

3日目の朝。
a0234573_23413682.jpg

亮太は元気です笑
a0234573_234239100.jpg

この日も試合の合間にタクシーで抜け出し観光!
a0234573_2344493.jpg

台湾伝統の飲み方で頂く台湾茶をぜひ飲みたいと思い、
タクシーの運ちゃんに「トラディッショナル・ティーの店連れてって!」って言いましたが、
うまく通じず普通の喫茶店に連れてこられました笑
うーん、これが一番の心残り。
a0234573_23491431.jpg

大破して乗り捨てられた原チャリを発見!
これ乗ってた人、大丈夫だったんだろうか・・・?
a0234573_23515794.jpg

・・・ちなみに台湾の交通マナーは最悪です。

この日の試合も順調に勝ち進み、夜の試合へと向かいます。
a0234573_23401481.jpg

a0234573_2355990.jpg

・・・鈴木さん、顔がいっちゃってますよ笑
a0234573_23572891.jpg

まだまだ飲み足りず、コンビニでビールとおでんを買って路上で二次会です。

最終日。
三位決定戦を観戦し、いざ決勝へ!
a0234573_001755.jpg

結果は皆さん知っての通り準優勝。
「アッキー&潤コンビは準優勝止まり」のジンクスは払拭できませんでした・・・
a0234573_024199.jpg


最後の晩餐!
ヤコブの“Don't forget your Beer!”の一言に何回乾杯したことか!
さすがドイツ人!「ビールは俺たちのソウルドリンクだ!」って言ってました。
毎日瓶1本、週末は8本飲むそうです。
完全にやっつけられました。
a0234573_055620.jpg

大将も軽々とこんな感じ・・・
a0234573_085624.jpg

a0234573_094723.jpg


生田さんとヤコブ。いい写真ですね!
a0234573_011727.jpg


以上、報告終わります!!!
しかし、カヌーの写真がこれだけ皆無なのも、なんだかなぁ・・・笑
[PR]
by awaraphoenix | 2012-11-09 00:14 | 海外大会
台湾国際大会2012
a0234573_23583284.jpg


芦原フェニックスブログ愛読者のみなさま、こんばんは。潤です。

長らくブログの更新が滞っており、ごめんなさい・・・

さて、先週に台湾は台北にて開催された台湾国際大会に
芦原からは、上木、高橋の2人が
「佐倉インヴァース」として参加してきました。

結果はみなさんもご存知の通り、
二連覇ならず、残念ながら準優勝。

まだまだ練習が必要だなと感じました。

以下、台湾大会で感じたことをレポートします。

※ 佐倉インヴァース各選手のレポートは
  近々佐倉のブログ(http://invers.dtiblog.com/)に
  アップされますのでこちらもご覧下さい。



台湾大会レポート 高橋 潤

(はじめに)
2011年11月初旬、「台湾国際大会にて佐倉インヴァース優勝!」の
ニュースが飛び込んできた瞬間、僕の中で静かに何かが弾けました。

「来年は絶対台湾に行きたい・・・」

2012年は台湾大会を最終目標に、西は兵庫県三田市から東は千葉県佐倉市まで、
全国各地で開催された9つの大会に参加しながら気持ちを高めてきました。

また、ぶったるんだ身体を絞るために食事は炭水化物中心のものから
野菜中心のものに変えて量も減らし、早朝ランニングを開始しました。

ですが、来るべき台湾の夜の部に備えて酒の量は減らしていません!
二日酔いのまま走るのも、飲み会明けの朝一発目の試合に備えて計算のうちでした(笑)
その結果、5キロの減量&一晩にビール10缶空けの2つを達成することに成功!
台湾大会1ヶ月前には、駿河台大学へ車を飛ばして直前合宿にも参加しました。


(試合について)
今回の参加メンバーは、生田さん、鈴木さん、上木大将、アッキーさん、亮太、柳、僕の7人。
台湾大会二連覇に向けて準備万端で出陣した僕たちは、会場に着いて目を疑いました!
後ろで束ねられた金の長髪、有に2mはあろうかという長身、そして太もものような上腕、
そう、世界ランク2位のドイツの超主力選手ヤーコブその人がそこにいたのです・・・
なんでも1週間後に迫る国内大会に向けて強化練習を行なっている高校生チームの
コーチに来ているんだそうな。
でも、まぁ、コーチするために来てるだけなんやからカヌーには乗らないよね・・・
胸を撫で下ろして試合に臨んだ僕たちでした。

試合内容はというと、やはり亮太と柳の2人舞台!
柳の献身的なプレーと亮太のミラクルシュート!!
一緒にプレーしてみて彼らの凄さを実感しました。
予選リーグは、vs台中教育大学(6―3)、vs凱文瑞冠(12―2)、
vsシンガポール(6-4)の3戦全勝の予選リーグ1位で二次リーグへ駒を進めます。

続く二次リーグは、台北市、彰化市、基隆市、佐倉インヴァースの4チーム。
ここでの上位2チームが決勝トーナメントに進出できます。
台北市はヤーコブがコーチに来ている高校生チームでしたが恐れていたことが現実に!
それまでずっと陸にいた巨神兵が僕らとの試合直前に乗艇着を着ているじゃありませんか!!

それでも亮太が大活躍!
vs台北市(4-4)、vs彰化市(5-3)、vs基隆市(6-1)の2勝1分けの
二次リーグ1位上がりで決勝トーナメント進出決定!

決勝トーナメント初戦は台湾のレジェンドチームのCPS。
アッキーさんのシュートがキレキレで6-4で勝利!

そしていよいよ決勝!
相手は二次リーグで引き分けた台北市。
そしてまたしてもヤーコブ投入!
・・・佐倉戦以外の試合には全く出ていなかったが故にずるすぎます。
オフェンスでは容赦ないシュートがゴールを揺らし、
ディフェンスでもセンターでがっつり陣取っている巨神兵。
マンツーを仕掛け最後の最後まで漕ぎ続けましたが7-3で負けて、準優勝という結果に終わりました。
ですが、アジアにいながらにして世界の壁を味わうことができ贅沢な気分になりました。


(カヌーポロ情勢@アジア)
決勝戦の相手だった台北市は、前述しましたが主に高校生で構成されたチームです。
今までの台湾の若手チームは、漕ぎとシュートは速いけどただそれだけ、という印象でした。
ですが、今回はディフェンスを惹きつけるドライブ&パスのタイミング、
シュートorパスの選択が絶妙であり、高校生にしてかなり完成されていました。
というのも、朝、昼、夜の1日3回の練習を週5回行なっていて、
スプリント競技もガッツリやっているというすごい練習量・・・
一体いつ勉強しているんだろう、と思ったら案の定、
アーフーは「あいつらは練習しかしてないから頭悪いヨー」と言っていました。
・・・うーん、これからの台湾おそるべし。

その他、CPS製の商品が充実してきているのを感じました。
まずはパドル。
日本への広告塔として、アーシェンが亮太にタダで新パドルをプレゼントしていました。
形はダブルダッチとストリームライトの間の子のような感じで、特筆すべきは何といってもその軽さでしょう。
琵琶湖カヌーセンターを通して4万円ほどで買うことができるらしいので、
興味のある人はぜひ買ってみてはどうでしょうか。
来年は新艇の販売も決まっているそうです。
オランダ製のDynamicのような直進性に優れた艇なんだそうな。
金額は・・・飲みながらアーシェンに聞いてたもんで忘れちゃった(笑)
個人的にはかなり興味があるので、次の艇はこれにしようかな~って思ってます。


(審判について)
今年の世界選手権でも確認できたそうですが、パドルのファールが日本と比べてかなり少なく、
その代わりにオブストラクションとゴールペナルティーショット(二本)が多用されていました。
二本はおそらく1試合につき1回は吹かれていたんじゃないかな。
明らかに他国と比べて日本の審判基準はズレてきているように感じます。
練習のため次回の台湾大会ではぜひ審判をさせてもらい、
劉さん(アジア圏で一番審判技術に長けている国際カヌー連盟のスーパーレジェンド)から
アドバイスを受けたいと思います。


(カヌーポロ情勢@ドイツ)
ドイツ超人ヤーコブも参加していたため、ドイツの情勢についても聞くことができました。
ヤーコブはドイツ国ランク2位の「エッセン」に所属していて、ドイツ代表メンバーのほとんどが
このチームから輩出されているらしいです。
来年のあわらカップにもちゃっかり誘ってきましたがなんだか好感触な印象!
実現したらすごいですね。
ちなみにドイツといえば「リブラー」が強いというイメージがあり、
一時はオランダの名門「ディベンター」を倒すまでの勢いがありましたが、
弱体化してきていて今はドイツ国ランク3位とのこと。
また、代表活動は月1回程度行われ、合宿を重ねる度にボーダーより下の選手は
ふるいにかけられるという形式だそうで、最後に残った10人が代表として
世界選手権に行く権利が与えられるそうです。


(CPS【台湾レジェンドチーム】)
今回の大会で初めてCPSに勝つことができました。
ずっとアジアの頂点に君臨し続け、2002年の世界選手権@エッセンでは、
アイルランドを撃破してベスト8に進出したこともあるCPS。
自分も選手として出場した2009年のアジア選手権決勝では、
途中までは勝っていたものの追いつかれて延長の末に惜敗していたこともあり、
今回の勝利はカヌーポロ人生で一番嬉しい瞬間でした。

また、夜の部も然り。
今までは台湾メンバーとの飲み会といえば、乾杯祭り!という感じで、
喋らずに乾杯だけしかしていませんでした。
が、今回は夜の懇親会を通して、
アーシェン、ターパオ、シャオパンなどとたくさん喋ることができました。
そのおかげで今まで知らなかった彼らについてのたくさんのことを
知ることができたし、むちゃくちゃ楽しい時間を過ごせました。

・・・しかし、大学の時とかはもうちょっと英語を話せていた気がしますが、
文法や単語をほとんど忘れてしまっていて、英語がかなり下手くそになっていました。
もう一度勉強し直さなあかんな~。


(最後にもう一言)
僕がカヌーを教えている中高生のみんなが
もしこれを読んでいたら、最後に伝えたいことがあります。

カヌーポロが他のメジャースポーツと比べて絶対的に異なる点は、
その気になって頑張ればまだまだ日本代表になれるスポーツだし、
海外の選手ともこうして交流できる機会があるということ。

サッカーとかバスケをしていて、メッシやジョーダンと一緒にプレーできる?喋れる?

でも、カヌーポロだとそれが夢じゃない。

世界選手権の決勝でガンガン活躍していた超一流選手と一緒にプレーすることも、
一緒に飲んでバカ騒ぎすることもできる。

かなりステキなことですよね。

これがカヌーポロの一番の醍醐味だと僕は思うし、今回の台湾遠征でそのことを再認識しました。

もちろん、それを味わうレベルに達するには多少は険しい道のりが待っていると思います。

自分もそうです。

初めて先輩に台湾の大会に連れてきてもらったのは19歳の時でしたが、
ほとんど試合に出ることができず、出てもミスばかりで悔しい思いをしたのを覚えています。

でも、そんな坂を登り切った時、そこには格別の世界が待っています。

今回の飲み会でシャオパンと話していて、
「初めて台湾に来た時、潤は下手くそだったのに今は別人だね!」
って言われたのは本当に嬉しかった。

また、こうやって僕たちが交流できるまでの関係に至っているのは、
そこまでの土台を築いてくださった、
日本の先輩方のおかげ(通称「徳“TOKU”」という)だということも忘れちゃいけません。
この一連の流れを現役だけのものとして完結させず、
後輩に伝えて行くのも僕たちの使命だと感じています。

だから、今、カヌーポロが大好きな中高生のみんな!
みんなが日本代表選手になるその日を今から楽しみにしているぞ!!
そして一緒にプレーしような!!


最後に、この遠征でお世話になった先輩方、台湾の皆さん、本当にありがとうございました。
今回の遠征でカヌーポロ熱が完全に再燃しました!!
まだまだやってやるぜ!!!


PS
台湾で撮った写真も近々アップしていきます。
・・カヌーの写真は全くありませんので悪しからず。。。
[PR]
by awaraphoenix | 2012-11-03 00:23 | 海外大会
台湾遠征~番外編②~
全国約20人の芦原フェニックスブログファンのみなさま

ご無沙汰しております。
上木です。

大変遅くなりましたが、台湾遠征番外編の続きをお送りします。


11月4日(金)

まずは、午前中の試合に快勝。

次の試合まで4時間弱の時間があったので、生田キャップと観光に出かけた。

会場から少し歩くと、賑わいのある通りを発見。
小さな店が路上にいくつも立ち並んでいて、台湾に来たことを実感させられる。

こんな光景、日本にはないね。

a0234573_175306.jpg


気温、30度くらいあるんですけど、ダイジョウブですか(汗)

売り方が豪快だ。

しかし、本当にあつい。。。

時間はまだあるから、次は涼しいところに行こう!
と、向かった先は台北101。

前日はきれいなイルミネーションに目がいったせいかそんなに高く感じませんでしたが、
日中に見ると全然ちがう!
めっちゃ高い!
「うわぁ~!」と10回は言ったと思います。

a0234573_17534135.jpg


リュックとピースの感じがオタクっぽい(笑)

早速昇っちゃいます。

初体験の高さ&快晴の景色に感動!

a0234573_17541012.jpg


しかし、観光客はみんな日本語を話してたなー


この後は、会場近くのディンタイフォンへ。
台湾が誇る小籠包の超人気店です。

が、店の前は長蛇の列!(ここでも日本人観光客多数(笑))

ここはあきらめて、近くのレストラン、というよりは食堂に入ることに。
漢字だけのメニューを渡され、「肉」とか「汁」とかのわかる漢字をたよりにコレコレと指をさして注文してみた。

a0234573_17552141.jpg


我ながらなかなかのチョイス!
写真取り忘れたけど、はまぐりのスープが最高にうまかった。

試合前なのに食べ過ぎてしまったので、運動がてらに歩いて会場に向かった。


歩く。あるく。

意外に遠い。。。


次の試合の相手は、前大会優勝チームのCPS(台湾)。
チームがベストパフォーマンスを発揮しないと勝つのは難しい相手。
遅刻するわけにはいかないので少し急ぎます。


会場に着いたのは13時50分。
試合は14時から(汗)


まだ前の試合が終わってないから、なんとか間に合ったようだ。

それにしても、他のメンバーが見当たらない。



「早く乗ってくださーい!」
声のする方向を見ると、なんと試合をしているのはうちのチームだった。


ガ━━(゚Д゚;)━━ン


超特急で準備をするも、前半の参戦には間に合わず。

しかし、前半を3-2でリードして折り返す!!
なんて頼もしいチームメイトなんだ!


もちろん後半からは生田キャップと私が参戦しました!




・・・でなきゃよかった。


番外編③へつづく・・・(かも)
[PR]
by awaraphoenix | 2011-12-22 18:10 | 海外大会
台湾遠征~番外編①~
上木です。

台湾国際カヌーポロ大会での優勝までの道のりは決して平坦なものではありませんでした。
厳しい試合を勝ち抜いていくために、試合のない時間をいかに有意義に過ごすか。
そんなことを常に考えていました。

今回は、台湾での試合以外のことについて、書いていきたいと思います。


11月3日(水)

福井からの参加者は方田と上木の2人。

自宅から11時間の移動を経て、台湾国際空港へ到着。
そこで待っていてくれたのは元台湾代表アーフーだった。

彼は2002年の世界選手権ドイツ大会で会って以来、海外の大会でよく顔をあわせるカヌーポロ仲間だ。
日本に1年ほどいたことがあって、日本語も話せる。
会場行きトレーラーにカヌーを積み込んだあと、アーフーの車でホテルまで送ってもらった。

車内で、「ホテルに着いたら、すでに到着している他のメンバーと一緒に飲もう」という話になり、アーフーの家に寄って車を置き、そこからタクシーで行くことにした。

アーフーの家は、台北市内にあるとのことだ。
家に近づくにつれてどんどん建物か大きくなり、明るくなっていく。
福井人からしてみれば、超都会。
そして、台北101(高さ509mの世界2位の超高層ビル)の横を通りかかる。
テンションあがって方田と2人でカメラをパシャパシャ。

a0234573_12583486.jpg



その1分後。


アーフー家到着。


どんだけ~!
方田と2人でビックリ仰天。

リッチメンだとは聞いていたが、まさかこんな大都会の中心に家があるとは。

せっかくなので家の中にお邪魔し、記念撮影。
図々しくもアーフーのお兄さんにお願いして撮ってもらいました。

a0234573_12592254.jpg


この後、他のメンバーと合流し、台湾ビールで移動の疲れを癒す。
予定だったが、初日はやはりテンション上がりっぱなし。

深夜まで飲んで、シメにアーフーおすすめ台湾名物牛肉麺の人気店へ。

普通サイズなのに、大盛りなみの量だ。

a0234573_13025.jpg


実はビールでおなかいっぱいだったが、おいしくてペロリと食べきれた。

a0234573_131159.jpg



次の日、朝ごはんがのどを通らなかったのは言うまでもない。


番外編②へつづく・・・
[PR]
by awaraphoenix | 2011-11-23 07:00 | 海外大会